「ほっ」と。キャンペーン

日々心にうかぶ想いを。。。


by hikarineko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ひかりのこ






ひらり ひらり

舞い降りて




ふわり ふわり

降り積もる




きらり きらり

光をあびて




こくり こくり

まどろんで




しゅわわ しゅわわ

とけだして




しゅるり しゅるり

しみてゆく




とくん とくん

すいこまれ




ひょこり ひょこり

萌えいでる




くるり くるり

蕾となって




ふるる ふるる

花ひらく




ぽわり ぽわり

ほどけでて




ぷかり ぷかり

のぼりゆく












More
[PR]
# by hikarinekokirari | 2016-12-25 17:30 | ファンタジー

孤独のかたち















孤独のかたちが

決まっていたなら

わたしたちの寂しさは

少しは和らぐだろうか












孤独のにおいが

みなおなじなら

わたしたちはお互いに

もっとわかり合えるだろうか













孤独のかたちを

だれも知らない




胸の奥に潜む

孤独のかたちを知りたくて




触れてみたり

かいでみたり

眺めたり

耳をすましたり













孤独のかたちを

だれも知らない













こわごわと

手を伸ばしてみる

あなたの孤独は

どんなかたち?

どんな音を響かせてるの?





みんな違うかたちをしているから

どんなかたちか知りたくて

わたしたちはおたがいに

そっと

そぉっと

ふれあおうとしている














P.S
すっかりご無沙汰しておりますが
皆様いかがお過ごしでしょうか?
この頃実家へ通うことが多く留守がちで
更新も
皆様のところへのご訪問させていただくのも
すっかり滞っておりますが
その間もご訪問くださったり
イイネをくださったり
皆様本当にありがとうございます<(_ _)>
父の介護でまたしばらく留守にいたしますが
私は元気にしております。
実家ではPCは使えませんので
今度いつ更新できるかわかりませんが
此処は私にとって大切な場所なので
このまま残しておきます。
宜しかったら気が向いたときに
また覗いてやってくださいませ!
hikarineko








宜しかったら。。。

にほんブログ村 自作詩・自作ポエム


[PR]
# by hikarinekokirari | 2016-07-13 07:13 | つぶやき

緑の情景









樹々の間を通り抜けた風が、
   緑を纏って不意に心を連れ去る
      其処は清しき薫り漂うところ
         尊き命を育み
            遠き昔より森人の住む
未来への輝きを信じきった未生の者たちが
   葉陰の露の中にまどろんでいる
      樹々に覆われた空気はうっすら緑に色づき
         気づきを得て戻った者の穢れを浄化し
            ゆっくりゆっくりとあたりを満たしてゆく
許されているのだろうか
   コンクリートの街をさ迷いつつ
      日々の営みに翻弄されながら
         来るべき彼方への憧れだけは持ち続け
            いつか森人の国へたどり着くことを

          いや

例えコンクリートの街に埋もれようとも
   いつも心は森人のままなのだ
      新緑は心象を呼びさまし
         胸の扉の奥には今もなお
            緑の情景が生きていると告げる
さあ顔を上げて光を浴びよう
   両腕をいっぱいに広げ
      ここに営まれるあらゆることを胸に刻み
         コンクリートの街を生きるのだ
            微かに緑の風をそよがせて
いつか記憶で胸を満たしたら
   疲れた身体を静かに脱ぎ捨て
      心を解き放ち森人へと戻ろう
         枝を広げ葉を揺らし
            未生の者たちへの語り部となる










お気に召しましたら
    ↓
にほんブログ村 自作詩・自作ポエム








[PR]
# by hikarinekokirari | 2016-05-28 18:05 | 彼方への想い | Comments(5)

胸の奥深く








光を胸の奥深くまで導き入れよう
             
     そこには生き行く切なさが
 
          通奏低音のようにいつも微かに響いている



生き行くことは 

     刹那に失い続けてゆくことだけど

          過ぎてしまった時々を失うだけではなかったと

               心の中で知っている




絶え間なく移ろい過ぎた

     時の流れを透かして見ると

          刹那に散った時々の欠片が

               煌めきを秘めてまどろんでいる



だから光を胸の奥深くへ導き入れよう

     きっとそこには生き行く甲斐が

          揺らめき見えてくるはずだから    









お気に召しましたら
    ↓
http://poem.blogmura.com/poems/ranking.html
にほんブログ村 自作詩・自作ポエム






<通奏低音について>
  通奏低音とは本来音楽用語です。
  最近はイメージから本来の意味と違った使い方をされるようになってきました。
  使われている漢字、耳で聞こえる印象として本来の意味と違っても
  感覚的に素直に受け入れられる使い方だと私は感じていますので、
  あえて表現としてこのような形で使ったことを明記しておきます。




                   

[PR]
# by hikarinekokirari | 2016-04-27 15:15 | 日々の想い | Comments(0)







不安や

哀しみに

押しつぶされそうなその中で

貴方が貴方であるという

その尊さが

生き行く力となります様に!!



不安に落ち込み

哀しみに涙する

思い切りそうして下さい!

立ち上がる前に

うんと弱音を吐いて!!

でも貴方が貴方であるという

そのかけがえのない尊さが

きっと勇気をくれることを信じて



遠く離れているけれど

せめて心だけは

そばに寄せさせてください!













この度の地震で亡くなられた方々のご冥福を
心よりお祈り申し上げます。

被災された方々が
一日も早くお元気になられて
日常生活を取り戻すことができますよう
心を寄せさせてください。

















[PR]
# by hikarinekokirari | 2016-04-18 10:25 | Comments(4)

ご案内







オイリュトミー講演のご案内です。

言霊、音楽を体の動きで目に見えるように表現する芸術です。


c0351827_18592140.jpg



2016年4月3日(日) 17:30会場 18:00開演

東京都中野区 野方区民ホール

入場料 3500円


この公演で使う衣裳を創っていました。
こんなのもあるんだって知って頂けたらと思って。。。






因みに今回私が創った衣裳は
万葉集 / 高橋虫麻呂 真間の手児奈 と 片山敏彦 / やがていつか
の衣裳です。 






しののめ衣裳顛末記

http://sewingrhapsody.blog.fc2.com/blog-entry-84.html#tb


[PR]
# by hikarinekokirari | 2016-04-01 19:16 | ご挨拶





震災から五年
いまも苦しむ多くの人たちへ
心安らぐ時を
少しでも多く過ごすことが出来ます様に
願いを込めて!









もしこの地球(ほし)のうえに

想いを記すことができるとしたら

私はそこに

何を記そう





名前でも成したことでもなく

心を尽くしていとおしんだこと

胸いっぱいに満たした想い

ただそんなことを記したい


深い想いで育まれたことも

感謝とともに記しておこう

いとおしむということを

私はそこから知ったのだから





人は生まれるときも死ぬときもたった一人だけれど

生まれきてから死にゆくまでに

出逢いゆく人と人とを結び合うのは

いとおしむことだから





もしこの地球(ほし)のうえに

想いを残す場があるとしたら

ただいとおしんだ日々の想いを

そこに残しておこう





痛みや辛さを代わってあげられない

そんな哀しさや苦しさだって

それはいとおしむゆえだから

それも記そう


そしてそんな哀しさや苦しさを

怖れることはないのだと

それは大きく記したい

それゆえにいとおしむ深さを知ったのだから





人はゆえなく

不条理さに巻き込まれてしまうから

心が砕け散るような

別れを避けることができないから





たとえ出会うことがなかった人々へも

この地球(ほし)

あたたかなところだと 

感じることができるように





哀しさや苦しさを包み込む

いとおしむ心を

そのあたたかさだけを

記しておこう














震災の日に祈りを込めた過去記事です。
よろしかったらご覧ください

光は内に。。。
真珠祈念日






お気に召しましたら。。。

http://poem.blogmura.com/poems/ranking.html
にほんブログ村 自作詩・自作ポエム







[PR]
# by hikarinekokirari | 2016-03-11 09:33 | 願い | Comments(0)

老夫婦








無愛想な表情を浮かべ

足元のおぼつかない妻に合わせて

ゆっくりと歩く老人

妻は安堵の眼差しで

ひっそり袖につかまって

うつむきながら歩いてゆく

病院の待合室

無言で歩く二人を穏やかな空気が包んでいる

どんな時を経てきたのかは知らない

何故かそんな姿が目に留まる

ちょっと涙ぐむ

だから漂う空気感をそっと受け取る

ただ優しさとして






淡々としたしぐさで

棚の商品を品定めしながら

ゆっくりと車いすを押す老女

夫は確固とした顔つきで

バックと買い物かごを

膝の上でしっかり抱える

暮れなずむスーパーマーケット

ひっそりと買い物をする二人を柔らかさが被う

どんな日々を過ごしているのかは知らない

何故かそんなシーンが心にかかる

ちょっとしんみりする

だからそのシーンをそっと眼にやきつける

ただ温かさとして


















お休み中も気にかけてくださった皆様ありがとうございます。
仕事はまだちょっと残っておりますが、
父は穏やかに暮らしています。
もう治療はしていないのに、なぜか検査の数値がとてもよくなり、
先生も首をかしげていらっしゃいました。
楽観的な性格がいいのかな。。。
もうすぐ84歳になります。








よろしかったら。。。
http://poem.blogmura.com/poems/ranking.html
にほんブログ村 自作詩・自作ポエム






[PR]
# by hikarinekokirari | 2016-03-07 19:00 | ふとしたこと | Comments(4)