ひかりのこ






ひらり ひらり

舞い降りて




ふわり ふわり

降り積もる




きらり きらり

光をあびて




こくり こくり

まどろんで




しゅわわ しゅわわ

とけだして




しゅるり しゅるり

しみてゆく




とくん とくん

すいこまれ




ひょこり ひょこり

萌えいでる




くるり くるり

蕾となって




ふるる ふるる

花ひらく




ぽわり ぽわり

ほどけでて




ぷかり ぷかり

のぼりゆく














皆様 長い間ご無沙汰いたしました。

その間もご訪問くださりありがとうございました。

父の介護のため実家で暮らしておりましたが、
その父も10月3日に静かに旅立ちました。
84歳でした。

その後一人暮らしになった母の様子を見ながら、
12月に入り漸く札幌の自宅にどってきました。

まだまだ、元の暮らしに戻ったとは言えません。
頼まれている仕事もあるので、来年からは少しづつ元のペースに戻してゆこうと思っています。

今はまだ、言葉を紡ぐ余裕はありませんが、
また、言葉を紡いでゆける自分でいたいと思っています。


来年が皆様にとりまして良い一年となりますようお祈りしております。


クリスマスの夜に。。。
hikarineko







[PR]
by hikarinekokirari | 2016-12-25 17:30 | ファンタジー
<< 空洞 孤独のかたち >>