若樹






今日がお誕生日
   16歳になる若き君へ。。。









君はまだまどろみながら
その胸に芽吹いたばかりの若樹を抱いている



君は何処へ向かって伸びようとしているのだろう



見上げる空はどこまでも広く可能性を秘めて
君の目の前に大きくひらかれている



君は腕を伸ばす
風にさえぎられようとも
雨に打たれようとも
雲が頭上を被い
光が見えない日にも
君は構わず顔を上げ空を見上げて腕を伸ばす



ねえ
うつむいたっていいんだよ
泣いたって恥ずかしくなんかない



涙はね
いつか根元に零れ落ちて
きみの栄養になるんだ



葉陰に孤独を映し
幹には挫折を記す
葉を落として
寒さに耐え



そしてまた芽吹きの季節を迎える



何度も



何度も



そして虹がかかった



まっすぐに伸ばした腕のその先
風に打ちひしがれ
雨に濡れそぼり
いつか雲は流れ時は巡る
顔を上げ続け
ひたむきなまなざしの結ぶところ



空は何処までも青く
可能性というきらめきを放っている



君が求めるもの



それは形にはならないのかもしれない
感触さえないのかもしれない
でも心には刻まれてゆくだろう



そしていつか



君がその胸にいだいている若樹は
しっかりと根を張り広く枝を伸ばす



大きな樹となるんだ!!









お気に召しましたら
    ↓
http://poem.blogmura.com/poems/ranking.html
にほんブログ村 自作




[PR]
by hikarinekokirari | 2017-10-05 10:05 | 未来へ | Comments(4)
Commented by nagotu3819 at 2017-10-08 17:18
伸びていく若木。
期待とそして、ちょっぴり不安を抱かせながら成長していくのね。
子どもは終局的に愛をかければいいのかしら。
あなたを信じている、愛していると。
Commented at 2017-10-08 17:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hikarinekokirari at 2017-10-08 22:12
そよぎさま~

いつもコメントをいただきありがとうございます!!
この作品の主人公の青年は、ご縁があって私が見守り役を引き受けた青年です。
子供のいない私にとって、滅多に会うことがなくても心を寄せる存在があるというのはとても嬉しい事です。
両親や家族以外にも見守る人間がいるということが、何かの力になれたらといつも願っているんです。
愛を感じて頂けると嬉しいです!!
以前の作品で「誓い」というのも彼をテーマにした作品なんですよ!

hikarineko

Commented by hikarinekokirari at 2017-10-08 22:20
鍵コメさま~

そうですか!
おめでとうございます!!
恥ずかしながら私は12月で60になります。。。カ・ン・レ・キ!!(笑)
精神的に年齢に追いつけず。。。
子供がいないせいもあるのか、いつまでたっても大人になりきれず困ったものです。。。

hikarineko
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
風の街 >>