<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

私は語る






私は語る

たとえ法を捻じ曲げても

信念(おもい)までは捻じ曲げられないと





私は語る

たとえ数で潰すことはできても

(たましい)までも潰すことはできないのだと




圧っせられたものは 圧っせられるほどに

反発力を生むのだ




今日は終わりではない

語り続ける日々は 今日から始まるのだ




私は真を語るから

本音を隠し続ける者たちに

決してなびくことはない




私は命を語るから

言葉を弄する者たちに

決して屈することはない




私は語る!

語り続ける!!!








よろしかったら

http://poem.blogmura.com/poems/ranking.html






にほんブログ村 自作詩・自作ポエム


[PR]
by hikarinekokirari | 2015-09-19 20:45 | 平和へ | Comments(8)

秋の海辺で



c0351827_23163842.jpg



波の 冠が 現れる

波の先が硝子玉を連ねて光る

こんなにも煌めいているなんて

君の夏は幸せだったんだね!

その温かさが つま先に打ち寄せる

とどめることはできないけれど

波間に透ける笑顔が伝える

幸せな想いが確かにここで憩っていたことを




波のシンフォニーが響く

風と潮騒がハーモニーを奏でる

こんなにも優しいなんて

君の夏は美しかったんだね!

その喜びが 指先でゆらめく

 漂いいってしまったけれど

風にほどけた笑い声が伝える

美しい言葉がそこかしこに広がっていったことを




c0351827_00463049.jpg








お気に召しましたら。。。↓
http://poem.blogmura.com/poems/ranking.html
にほんブログ村 自作詩・自作ポエム







よろしかったらこちらへも。。。





More
[PR]
by hikarinekokirari | 2015-09-18 01:10 | 日々の想い | Comments(6)

Story







    まだ少女だった頃
      純粋さは貴いと思った

        純粋に生きようと決めた
   
    なのに 追い求めると迷路にはまり
      突き詰めると自分が裂けた

        心を不器用になめた



   
 
    もう少女ではなくなり
      純粋さがのしかかっていた

        悩みあがく日々が続いた 

    それは 時に残酷ではないか 
      押し通すとエゴイズムが匂った
        
        心が無様にひしゃげた





後悔やいら立ち、痛みや空虚さを抱え
  途方にくれて
    さまよった

ん・・・ どうして私は
  孤独感と自己嫌悪にさいなまれ
    人ともうまく付き合えないのに
      ここに生まれてきたんだろう・・・







   
    少女時代は思い出となり
      なのに純粋さが疼いた

        居心地の悪さが蘇る

    ひらめく 求める程に混沌となり
      混沌の中からそれは生まれる

        心に陽がさす気がした



    

    少女時代ははるか遠い
      やはり純粋さを大切と感じる

        自分を許していい気がした

    それは 混じりなきを守るのではなく
      すべて受け入れ浄化する

        心に結晶ができると思った





哀しみも苦しみも、醜さや愚かさだって
  濾されてきっと
    結晶となる
    

あぁ  もしかして人は
  強さと優しさを与わり
    結晶を探す旅を求めて
      生まれてきたのではなかったか                          













お気に召しましたら
   ↓
http://poem.blogmura.com/poems/ranking.html
にほんブログ村・自作ポエム
   

[PR]
by hikarinekokirari | 2015-09-10 13:45 | 来し方より | Comments(6)

耳をすませ!!






耳をすませ!
うわべ だけの「ことば」に 惑わされることなく!


       

その「ことば」は生きているか?
その「ことば」に命はあるか?





太古

       

「ことば」は命だったのだ!
「ことば」は息づいていたのだ!





だからこそ私たちは言霊を響かせながら生きてきた!





私たちは知っている




どんなに「ことば」を並べ立てても
力を弄して人を守れはしないことを!!





まやかしのない命への想いこそが 人を守ってくれるのだ!





圧して心を損なうことなく 存在を認め合うことこそが 
人と人とを結び合うのだ




あぁ・・・




それなのに私たちはなんてひ弱なのだろう・・・




理想(おもい)をもって人間愛を語っても
隣人の行為に怒りを抱く・・・







だからこそ



    

不完全な私たちは 平和を望むのだ





違いのあるものを たとえ好きにはなれなくとも
共に生きようと心に誓うのだ





命への敬意のないところに
人の尊厳は宿ることが出来ない


         

尊厳を重んじることなしに
「ことば」に命は宿らない







だから





人と人との間に響きあう音に!





人の心の奥底から聞こえる声に!









耳をすませ!!














http://poem.blogmura.com/poems/ranking.html
にほんブログ村 自作詩









[PR]
by hikarinekokirari | 2015-09-01 17:17 | 平和へ | Comments(4)