<   2016年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

胸の奥深く








光を胸の奥深くまで導き入れよう
             
     そこには生き行く切なさが
 
          通奏低音のようにいつも微かに響いている



生き行くことは 

     刹那に失い続けてゆくことだけど

          過ぎてしまった時々を失うだけではなかったと

               心の中で知っている




絶え間なく移ろい過ぎた

     時の流れを透かして見ると

          刹那に散った時々の欠片が

               煌めきを秘めてまどろんでいる



だから光を胸の奥深くへ導き入れよう

     きっとそこには生き行く甲斐が

          揺らめき見えてくるはずだから    









お気に召しましたら
    ↓
http://poem.blogmura.com/poems/ranking.html
にほんブログ村 自作詩・自作ポエム






<通奏低音について>
  通奏低音とは本来音楽用語です。
  最近はイメージから本来の意味と違った使い方をされるようになってきました。
  使われている漢字、耳で聞こえる印象として本来の意味と違っても
  感覚的に素直に受け入れられる使い方だと私は感じていますので、
  あえて表現としてこのような形で使ったことを明記しておきます。




                   

[PR]
by hikarinekokirari | 2016-04-27 15:15 | 日々の想い | Comments(0)

ひとりひとり、かけがえのないひとたちへ。。。







不安や

哀しみに

押しつぶされそうなその中で

貴方が貴方であるという

その尊さが

生き行く力となります様に!!



不安に落ち込み

哀しみに涙する

思い切りそうして下さい!

立ち上がる前に

うんと弱音を吐いて!!

でも貴方が貴方であるという

そのかけがえのない尊さが

きっと勇気をくれることを信じて



遠く離れているけれど

せめて心だけは

そばに寄せさせてください!













この度の地震で亡くなられた方々のご冥福を
心よりお祈り申し上げます。

被災された方々が
一日も早くお元気になられて
日常生活を取り戻すことができますよう
心を寄せさせてください。

















[PR]
by hikarinekokirari | 2016-04-18 10:25 | Comments(4)

ご案内







オイリュトミー講演のご案内です。

言霊、音楽を体の動きで目に見えるように表現する芸術です。


c0351827_18592140.jpg



2016年4月3日(日) 17:30会場 18:00開演

東京都中野区 野方区民ホール

入場料 3500円


この公演で使う衣裳を創っていました。
こんなのもあるんだって知って頂けたらと思って。。。






因みに今回私が創った衣裳は
万葉集 / 高橋虫麻呂 真間の手児奈 と 片山敏彦 / やがていつか
の衣裳です。 






しののめ衣裳顛末記

http://sewingrhapsody.blog.fc2.com/blog-entry-84.html#tb


[PR]
by hikarinekokirari | 2016-04-01 19:16 | ご挨拶