光は内に。。。



東日本大震災から今日で4年
いまだ仮設住宅で暮らす人々は8万人もいるという
何もできないけれどせめて心は寄り添いたい
祈りをこめて








ねえ 君。。。
暗闇で瞼を閉じているのに
瞼の内にほんのりと
ともり続けている
光を感じたことはないかい。。。?



ねえ 君。。。
本当は太陽のまぶしい光が
自分の内で揺れながら
輝いているのだとしたら
素敵なことだと思わないかい。。。?



だって 君。。。
その光は
暗闇にいても消えはしない!
そう
その光は 決して
誰にも消すことができないんだもの!!











http://poem.blogmura.com/poems/ranking.htmlhttp://poem.blogmura.com/poems/img/poems88_31.gif
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエム


[PR]
# by hikarinekokirari | 2015-03-11 10:00 | 彼方への想い | Comments(2)

雛祭り。。。



         きらめく ゆきもに
               
            ゆれているのは
 
               おさなきころの

                  あわきゆめ。。。




         かたき つぼみに

            だかれているのは

               まだこぬはるを

                  こがれるおもい。。。




         おとめらの

            おもいがまねく ひなまつり

                あかりにともる

                   いまもむかしも。。。









http://poem.blogmura.com/poems/ranking.htmlhttp://poem.blogmura.com/poems/img/poems88_31.gif
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

[PR]
# by hikarinekokirari | 2015-03-03 14:44 | 彼方への想い | Comments(0)

蒼き翼を授かりし君




君の蒼き翼は
未だ 透き通って濡れている
今 昇らんとする
一筋の陽光(ひかり)をうけて
硝子細工の様に 
輝いている


それは君が
遠き処へ
夢を馳せているせいだ
深き静寂(しじま)の中で
力を蓄えているせいだ


周辺(あたり)の凍えた空気でさえも
若き一途さで
君はその翼に受けとめている


そして束の間 空(くう)を切り裂き
一陣の風が斜めに頬をかすめたその時
沈黙を脱ぎ捨てて
肩で大きく息をした


高みに向かって
眦を決した君は
ひとたび強く羽ばたいた!
透き通った翼に
大空を映して。。。


嗚呼
蒼き翼を授かりし君
その胸の熱き理想(おもい)を糧として
大空よりも なをなを青く
遙か天空の彼方に
鮮やかな弧を描きて

翔べ!







http://poem.blogmura.com/poems/ranking.html
にほんブログ村 自作詩・自作ポエム</a>






More
[PR]
# by hikarinekokirari | 2015-02-19 12:54 | 彼方への想い | Comments(2)

想いと 言葉の 。。。



想い と 言葉 の 

間には

いつも幽かな

(くう) が 揺れる。。。




ゆっくり 想いを 繰り出して

言葉を 紡いだ つもりでも

彷徨う 視線に つられるように

手許で するりと 途切れてしまう。。。




飾るでも 隠すでもなく そのままに

映る姿を捉えたいのに

声を発した瞬間に

ふっと 揺らいで ぼやけてしまう。。。





掴まえきれない 想いの 欠片は

零れ落ちて ひるがえり

言葉 との 間の 空(くう) に

気配さえなく 吸い込まれてゆく。。。





想い と 言葉 の 



そこには

孤独 が 潜んでいる。。。










http://poem.blogmura.com/poems/ranking.html
にほんブログ村 自作詩・自作ポエム





[PR]
# by hikarinekokirari | 2015-02-11 11:22 | 日々の想い | Comments(2)

力なき勇者へ。。。





 頭(こうべ)を上げて 光の中を行け
熱き理想(おもい)をたぎらせて


光が輝きを増す程に
闇もまた深く
君についてまわるだろう


でも
君の瞳が希望を灯し続ける限り
闇は君を支配できない


君がその胸に
信頼を育てている限り
熱は衣のように
君を被うだろう


さあ君
臆することなく
光の中を行け


光の内の宇宙の叡智が
熱の内の大いなる愛が
いつも君を導いてくれるから


光と熱を携えた

力なき勇者










http://poem.blogmura.com/todaypoem/ranking.html
にほんブログ村 今日書いた詩







More
[PR]
# by hikarinekokirari | 2015-02-05 09:27 | 彼方への想い | Comments(4)

恩寵






厳しい寒さの中にあっても
柔らかな光がこんなに心の奥深くまで差し込むのは
貴方が身を低くしているから。。。

ほんのり暖かく
はにかむようにように柔らかく
ただ寄り添うように
何時もある


陽だまりの中にあって
たった一人で立っているかのようにふるまっていても
見えているのは貴方があるから。。。

忘れてしまうほどに
当たり前のように満ち満ちて
何も求めず
そこにある


あぁ、私は忘れ
思い上がり
彷徨う


疲れ果てて憩う時
無限の慈しみをもって包み込むように降り注ぐのは

貴方

すべての命
すべての愛
すべての真実
そのものだから。。。






[PR]
# by hikarinekokirari | 2015-01-29 16:06 | 日々の想い | Comments(0)

ひらり ことのは




ひらりひとひら

ひらりひらり

心の中へ

積もることのは




それは心をのせて

それは心から流れ

沈み行くかけらあれば

あふれ出るものあり




それは想い

それは時

生き行く限り

またひとひら









[PR]
# by hikarinekokirari | 2013-04-11 11:42 | 日々の想い | Comments(0)

こころもよう






私の心の隙間に

君の言葉の欠片が埋まる



それは チョットはみ出したり

チョット隙間が空いていたり

ぴったりじゃないけど そこがまたいいよね



そんな風に 私の心の中には

君の言葉で満たされた

パッチワークの様な模様がある



君の心の中には

どんな模様ができてるかな。。。



こんな風に二人過してきた時間こそ

かけがえのないものと思う



他に何もなくても

ちょっぴり持ち重りのする心模様がただ

 愛おしい



一緒にいてくれてありがとう!







[PR]
# by hikarinekokirari | 2013-03-17 09:26 | 日々の想い | Comments(0)